Menu

昨日の記事の続きのような内容になりますが”ツインが別の女性と・・・”そのような現象が起きると、もれなく(?)ついてくるであろう【嫉妬】について書いてみたいと思います。実は、感情にはちゃんと意味があって、一番嫌なことほど、自分が一番やりたい事だったりします。ツインが見せる「嫉妬したくなる現象」もその一つ。多くの人は、嫉妬とか、羨ましいという感情を良くないものと思ってるのでそういった感情が出る自分をつい...

ツインソウルに奥さんや恋人がいる彼が自分以外の女性と仲良くしてばかり彼が結婚するといってきた・・・などなど、人それぞれに色んな場面があるかと思いますが”ツインが別の女性と・・・”ってのはよくある話ですね。実は私にもありました。2回ほど。2回目の時は、彼が他の女性と結婚する。なんてことになり、一瞬、度肝をぬかれましたが(笑)その時はちゃんと魂(神)の意図が理解できました。(参考記事:一つになるとき)で...

【出会う人、見るもの全てが自分の情報】出会う人は全て、綿密な計画の元学びと成長を共にする目的で出会っている仲間であって自分の内側の「情報」を知るために存在しています。それは神が創ったこの世の仕組みであり誰にも変えることはできないこと。月が一つしかないのと同じで「そのように創られているから」としか言いようがありません。---------《自分が見ている現実=自分の内側》私の人生は自己否定とか疑いといったもの...

「本当の自分自身」に戻るために男性性と女性性、プラスとマイナス、喜びと悲しみ、美しさと醜さなど・・・これら対極のものは、実は一つのペア。電気は、プラスとマイナスが合わさることで点灯するようにプラスはプラスだけでは存在することができません。私たちもこれと同じで、片方だけでは真のエネルギー(愛そのものの自分)は生まれないのです。この世界で何かを学ぶということはその二つの側面(対極にあるもの)を学ぶとい...

人間の悲劇の始まりは男と女(父と母)が分離をして相手と戦ってきたことにある。でも、それは、物事を良い・悪いに分けて”唯一の正しい答え”に統一しようとしていた「過去の時代」が生みだしたことだと私は思う・・・-----【起きる問題は全て思い込みの幻想】”鏡の仕組み”になっているこの世界では、自分の内側が外側の世界に映し出されます。男と女は、内面に「同質の傷」を持つ者同士が引き合い互いが「鏡」となり”自分を知るた...

私の幼い頃からの夢は「温かい家庭を持つこと」と「自分にしかできない事で成功すること」でした。そのような夢を持つことになったのは私の生まれ育った環境にあります。私は、かなりクレイジーな両親の元に生まれ「愛されてる」とか、「安心」とか、そういった温かいものが全く感じられない環境の中で育ちました。なので、人一倍「愛や温もり」を求めたし、自分の存在を両親に認めさせたい!という強い思いからそんな夢を持つよう...

犠牲は何も手に入れる事はできないしお互いに傷つけ合うだけ。でも、犠牲をやめれば様々なものが手に入るしお互いに幸せでいられる。これまでの経験を通してそれを心から実感しています。-----ということで本日は、犠牲をやめるにはどうすればいいか?書いてみたいと思います。犠牲の元になっている、”我慢や無理”は「怖れ」が作りだしていて犠牲をしてしまう、怖れから物事を選択してしまうその裏側には、未解決な心の問題(本当...

ツインソウルが学ぶ「愛」は人生の目的や成長の段階によって形や条件などが変わります。本日は、幾つもある愛の学びの中から「犠牲」という一つの愛の形について書いてみたいと思います。この学びの目的は、犠牲と本当の愛の違いを知ることと、生き方の元になってる「こうしなければ自分は愛されない」 といった思い込みを手放すことです。【我慢や無理は犠牲の元】あなたは相手に嫌われたくないからと、与えてしまうことってあり...

「感情の抑圧」が引き起こすこと感情に振り回されている時ってしんどいですよね。辛すぎる時はなくなってしまえーなんて思ったり・・・そういう時は、何も考えずに気の済むまでただただ「感情だけを出す」ことが望ましいです。本来、感情というのは、味わうためのもので感じた後、体の外に出られればそれで終わるのですが・・・その自然な流れを「思考」で止めてしまうから終わらないんです。あの人は私の事をどう思ってるの?なぜ...

今から6、7年位前の私の体験談この頃の私は、まだまだ自分の考え方を捨てきれずにいて起きる問題や世の中の情報に翻弄されていました。精神的には一番きつかったと思います。彼のやる事なす事が、私を激情させるのです。どうしても理解できない。納得できない・・・私達はよっぽど相性悪いんじゃないか?彼の事はやめとけってことなのかもしれない・・・グッとくる情報もなく、混乱するばかりでいつも悶々としていました。私は元々...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。