Menu

人生のあらゆる「問題」は、良いか・悪いか、正しいか・間違いかの二元論での判断から始まっている。世の中には、いろんな「問題」と思われるものがあるけれど「それ」を「問題」と思う人もいれば、思わない人もいる。たとえば「彼からメールの返信がない」それを、深刻に「問題視」する人もいれば、まったく気にしない人もいる。恋愛、家族、子供の問題も、仕事、お金、病気、人間関係の問題もテレビで流れてくる不倫、離婚、犯罪...

怒りでも、悲しみでも、イライラでも・・あなたの「感情」をつくっているのは、あなたの「思考」です。思考が勝手に「良いこと・悪いこと」と判断して「感情」を引き起こしているのです。自分にとって、「悪い」「ダメだ」と思ってることが起きた。「してはいけない」と思ってることを相手がしている。だから、腹が立ったりするのですが今までは、嫌なことがあったから嫌な気分になってるあの人がこんなことをしたから、あるいは、...

私たち人間の「思考」は、あらゆる場面でそれが良いのか?悪いのか?と考えたり「正しい」「間違ってる」を議論することがあります。でも、それは時に、「被害者と加害者の関係」を作り出し、「本当に望むこと」を遠ざけてしまうことも少なくありません。「私のせいで」「自分が悪い。悪い人間だ」などの”加害者意識”「○○された・○○させられた」「あの人のせい」などの”被害者意識”そのどちらも、「本質」(愛)との繋がりが薄くな...

誰かのせいにしたくなるとき、誰かに責められてるように感じるとき、それは、「自分を責めているとき」自己否定が強い人ほど、理想が高くこうなりたい・こうあってはいけないといった基準が厳しくなる。否定がたくさんあるほど、理想もたくさんあって、理想の自分は認められても理想通りにできない自分をダメだと責めていたりします。自己否定が強くなってる時は、何事にも、自分はダメだ・・という思いこみとつじつまが合うように...

あなたは自分の人生に責任をもって生きてるでしょうか?自分の人生に責任を持つということは、自分の一つ一つの行動に責任をもつこと。「責任をもつ」というのは、「義務」のような重苦しいことではなくて人生を「自由に選択できる決定権」は自分がもっている。ということです。自分に起こることをどのように捉えて、どのような行動をするか自分の選択「自分次第」で人生をいかようにも変えることができる。ということ反対に「自分...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。