Menu
人に頼れず
自分でなんでもやってしまう

やってもらうよりも、
自分でやったほうが楽

受け取るよりも
与えてるほうが楽

自分の至らなさがバレたら
パートナーや家族、友人、仕事関係者に
失望されるかも・嫌われるかもという怖れがある

「疲れた・休みたい」という心の悲鳴を
「弱音」「弱いこと」だと感じてしまって休めない

人間関係がめんどう、一人が楽・・

それって私?あてはまる~と思った方は、
今こそ「自立」を手放すとき

ちなみに、この↑「自立」は、
「依存的」なことを嫌って
「自立的」になろうとした。という意味ですが

これまで自立的に一人で頑張ってきた人は

「自立」は、良いこと
人に頼らず一人でやること、与えること、
稼ぐ人、強い人、一人でも生きていけることなど

「依存」は、ダメなこと、人を頼ること、
助けてもらう、甘える、弱い人、お金にだらしない人など

このように思ってませんか?

そもそも、
自立=「なんでも一人でできる」とか
「人に頼らず一人で生きれる」とかではないのですが・・


でも、なぜ、「自立的」に生きてしまうのか?
よくある理由としては

誰かをあてにしたのに
「全然助けてくれなかった」「頼りにならなかった」
「やってもらえないんだ」「わかってもらえないんだ」など、

そう感じたことで

「こんなに嫌な思いをするくらいなら、誰も頼らないほうがいい」
という風に、自立的な自分を強くすることがあります。

もう少し深いところでいうなら、幼少期に

「父親らしくない」「母親らしくない」とか
「ダメな親、頼りない親」「親には頼れない」など、

あなたが“そう感じた”経験があると

それが
「早く稼げる人になって・・」とか、
「早く一人で生きていきたい」とか、
「海外で生活したい」とか、
「自分がやらなくっちゃ!」とか、、

そういう強い思いとなって現れるんですね。
そこが「自立的な自分」の原点なのかもしれません。

自立は、そうやって誰にも頼らず「一人で生きる」ことを選択していきます。
(これが「孤独」や恋愛、結婚がうまくいかない原因になることも・・)

ところが、自立的に生きて、一見誰にも頼らない生き方をしていても
「依存心」がないわけではありません。

たとえば、
仕事や社会、他人に対しては「自立的に」なっていても
恋愛だと「依存的」になってしまうのです。
(あるいは、家族やパートナーが依存的になるケースがあります)

でも、「依存的な自分」(又は相手)を感じたくないがために
「対立」してみたり、わざわざ距離をとっていたり・・・

本人的には、無自覚・無意識にしていることも多いのですが
特にツインとの関係ではこのあたりが顕著に表れてくるのです。

だからこそ、
「自立」や「依存」という勘違いを手放すことが、
大切なキーワードになるんですね。

少し長くなってしまったので
この続きは次回に書きたいと思います(*^-^*)

本日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました☆

全ての人が幸せでありますように
愛と感謝をこめて
コウ

‐‐‐‐‐
【個人セッションについて】
下記サイトより詳細をご確認の上、お申込みお願いいたします。
http://www.andgarden-osaka.com/

どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

Comment

まさに

まさに、私の事をおっしゃられておりますね(笑)
最近、自立について思い悩んで焦っていた次第です…。
なんだか、心が軽くなりました。
続きを、楽しみにしています。

  • まゆりん #- - URL
  • 2016/10/05 (Wed) 15:38
Re: まさに

まゆりんさん

こんにちは(*^-^*)

> 最近、自立について思い悩んで焦っていた次第です…。

そうなんですね。
それはある意味、いい流れにのってるからですね。
焦らなくても大丈夫ですよ。一歩一歩進んでいきましょう(*^-^*)

  • コウ #- - URL
  • 2016/10/05 (Wed) 17:26
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • # -
  • 2016/10/05 (Wed) 17:39
Re: 「受け入れる」ことについて

まいこさん

こんにちは(*^-^*)

> マイナスを受け入れたからといってマイナスが叶ってしまったり、
>マイナスに興味が湧いてきてしまったり・・・なんてことは、起こらないのですよね?笑

はい。笑

ただし、頭じゃなく、心が受け入れてる必要があります。
嫌ってたり、怖れてるうちは「受け入れてる」とはいいません。

私がいう「受け入れる」というのは
それが「悪いこと」じゃなかったとちゃんと理解することです。

自分にとっての「マイナス」は、
本当は、自分にとって「プラス」になることへのヒントです。

嫌わずに、ギフトを受け取っていきましょう(^_-)-☆

  • コウ #- - URL
  • 2016/10/05 (Wed) 18:28

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback