Menu
相手を思うばかり、本音を言えない。
傷つくのも怖いし、傷つけるのもイヤだし
迷惑になったら嫌だから・・・

そうやって
 
遠慮しすぎたり
丁寧すぎたりすることが、
 
相手からすれば、かえって迷惑だったり、

迷惑かと思ってたけど、
逆に喜ばれることもあったりする。

そもそも、

「本音を言う」というのを
勘違いしている人も多いようで

「本音をいえない」という方の多くが、

「思ったことを言うと、相手を傷つける」
「本音を言うと、自分や誰かが傷つく」と、誤解しているのですが

もし、「傷つく」としたら、
それは、「本音」ではないのです。

もう少し深いことをいうと、
それが「きっかけ」となって
「もともと持っていた”古傷”がうずいてる」ということ。


本音を伝えたのに、相手に軽く扱われたり、逆切れされた。
せっかく本音を伝えたのに、思ったような結果にならなかった。
なんか気持ちが晴れない。。

ということもよくあることですが
このような場合も、「本音」ではないのです。

本音じゃないから、モヤモヤする。スッキリしない。
本音じゃないから、相手と繋がれない。わかってもらえない。

本音は、相手にぶつけるものでもなく
「あれがイヤ」「これがイヤ」とかでもなく
ああしてこうしてと要求することでも、責めることでもない

本音とは、「自分の本当の気持ち」

自分が、したいこと
自分が、ただそうありたいこと
「わたしは、こう感じた」


シンプルにいうと、
わたしは悲しかった、わたしは嬉しい、わたしはこうしたい。など。


それは
要求でもなく、攻撃でもない。
本音は、愛であり、誰とも戦わないものなのです。



(続く・・・)


全ての人が幸せでありますように
愛と感謝をこめて
コウ

‐‐‐‐‐

【個人セッションについて】
下記サイトより詳細をご確認の上、お申込み願います。
http://www.andgarden-osaka.com/

どうぞよろしくお願いします<(_ _)>


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback