Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
あなたは自分が女性で生まれたことに喜びを感じていますか?
私は、つい数年前まで「女」であることを嫌っていました・・・

女性であること、男性であることを無意識に嫌っていると、
女、男を”感じさせられること”を避けてしまうのです。

それを否定している分だけその状況を遠ざけようとしてしまい
否定が強いほどに、結婚や恋愛をも否定することになっているのです。。
‐‐‐‐

本日も私の体験談ですが、何かしらのヒントになれば幸いです。

≪女を嫌っていた私と、男を嫌っていた彼≫

私が「女」であることを嫌っていたと気づいたのは
彼から「女であることを否定された」時でした。

言われた瞬間は、
カッちーんともくるし、ショックでもあるのですが・・・笑

でも、もうこの頃には「相手は鏡」だとわかっていたので
相手に”感じたこと”をそのまま自分へ戻しそれを感じてみました。

すると、どんどん記憶が蘇ってきます。
「男に生まれたかった」「女は苦しむもの。女ってだけで絶対に損だ」などなど・・・

私がさんざん「女」であることを嫌がってた記憶がでてきたのです。

女であることを否定してた私は、見た目は女性らしくしてるけど
確かに、「女」を感じる場面に直面するとそれを避けてきたことがわかりました。

私の場合は、
フリフリの可愛らしい恰好をしたことがありませんし
感情的になる事も見るのも苦手でした。

常に周りは男だらけでしたが男同士になってましたし
女として見ないで!という感じはいつもありました。笑

そんな私の男女関係はというと、
「ダメな恋愛」といわれるカテゴリーに入ってしまうような・・
相手がダメな男になり、私が男性化するパターン。笑

いつも男前な私になってしまい
頼れない、弱音を吐けなくなる感じでした。

女としての喜びを味わいたくても味わえないし、
「女は苦しむ、損するもの」という無意識の思い込みも
そのまま(自分がいつも苦しんで損する)現実となっていたのでした。

一方、
「男」を嫌っていた私のパートナーは、

母親や自分を苦しめるダメな父親、
母親を助けられない自分を感じていたので、
それは、男としての自信を失うには十分で

父親を否定する分、自分が男であることを否定することになり

彼の無意識には
「男は女を苦しめるもの。自分は女を助けられない男」という
思い込みが出来上がりました。

彼もまた、その思い込み通りの自分になっていたのでした。

‐‐‐‐
「ツインソウルの癒し」

私と彼の場合は、
「男(父)が女(母)を苦しめてる」といった”同質の傷”があり、

私は、母のようになりたくないと「女」を嫌い、
彼は、父のようになりたくないと「男」を嫌いました。

お互いに「そうならないように」頑張っていたのですが
いつも、”思い込みの通り”になっていたのでした。

ですが、お互いが見てきたものは
真実ではなく、自分が創った思い込みを見ていただけ。。

「だからそうなっていたのか!」と理解ができたことで
同時に癒され、”ダメな男、苦しむ女”というパターンが完全に終わり
目の前がまるで別物に変わっていったのです。

「性別」も自分が決めて生まれてきたこと。
それを嫌うことは、自分という存在を全否定しているようなもの。
それじゃ、現実が否定ばかりになるのも当然なのでした。

私達は、改めて自分の「性」を受け入れることができた時
トゲトゲしてたものが無くなり、お互いの本当の良さが
より鮮明に見えるように変わっていったと思います。

(性への否定についても追々記事にしていきますが)
自分では否定してるつもりはなくても
無意識の否定は、それを”感じさせられること”を避けてしまうし

否定している分だけその状況を遠ざけようとしてしまうので
どうか、じっくりと向き合ってみてくださいね

ということで本日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

全ての人が幸せでありますように
愛と感謝をこめて
K

悩んでる方に届けたいので↓ポチの↓ご協力お願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村

ご協力に感謝します(*^-^*)

‐‐‐‐‐
【お知らせ】
長らくお休みしておりました個人セッションを再開します。
ご希望の方は下記サイトよりお申込みお願いいたします。
http://andgarden.jimdo.com/
どうぞよろしくお願いします<(_ _)>












Comment

はじめまして

lala124と申します。
blogを拝見させていただき、共感できることが多く、とても励みになります。
ありがとうございます。

私も自分が女であることを昔から疎ましく思い、でも深いところで女として産まれた喜びを感じたい、心の矛盾を見て見ぬふりをし、33年生きてきました。ツインとの出会いにより、私ははじめて自分の本来の女性性を取り戻し、女である自分を愛せるようになったと感じます。
でも、今日この記事を拝見させていただき、はっとしました。
彼も男性としての自分を否定していたことに!彼もそうだったのだと。
そしてしばしの別れをもって、私たちはより男性として、女性としての自分の役割を学んでいく旅に出たのだとかんじました。

その先もし私たちがそのエネルギーを、何かの役にたてることがあるのだとしたら。。。
ツインソウルって本当にすばらしいですね♪

ありがとうございます☺

  • lala124 #tOmDnhuw - URL
  • 2015/11/04 (Wed) 21:49
Re: はじめまして

lala124さん
こんばんは。コメントありがとうございます(*^-^*)

> 彼も男性としての自分を否定していたことに!彼もそうだったのだと。
そうですね。片側だけというのは基本ないですからね☆

> そしてしばしの別れをもって、私たちはより男性として、
女性としての自分の役割を学んでいく旅に出たのだとかんじました。

役割を学ぶのも大切かもですが、
もっと奥の深い、本当の自分らしさを取り戻すための期間と感じますよ(^^♪

陰ながら応援してますね。
ありがとうございます(*^-^*)

  • K #- - URL
  • 2015/11/04 (Wed) 23:06
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • # -
  • 2015/11/05 (Thu) 17:38
Re: タイトルなし

花さん

こんばんは(*^-^*)
いつもありがとうございます!

辛かったですね。伝わってきます。

でも、私でもこんなに変われたので花さんも絶対に大丈夫です(^_-)-☆
女として生きること、喜びを感じることを許可してあげてください!
応援してますから☆


  • K #- - URL
  • 2015/11/05 (Thu) 21:10
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • # -
  • 2015/11/08 (Sun) 17:11
Re: タイトルなし

花さん

こんにちは(*^-^*)
こちらこそありがとうございます!
またいつでも訪問くださいませ☆

  • K #- - URL
  • 2015/11/08 (Sun) 19:50
No title

こんにちは。はじめまして。私は、自分の記憶の覚えてる範囲でいうと、男の子になりたい、
男性になりたいって思ったことってたぶんないのです。
女性にうまれてきたかった(と今は思ってるし)女の子でよかったと思ってる。
女性だから、妊娠出産を体験でき、色んな色の服も着れ、スカートも大好きで、ファッションも髪型も職種さえ自由に選べると。
父にかわいがられて育ちました。母には愛されなかったと(今はそう思ってませんが)そんな風な私でももしかして奥底に隠れた女性性の否定・・・みたいなものが
あるのでしょうか。

  • a #- - URL
  • 2015/11/22 (Sun) 17:41
Re: No title

aさん

こんばんは(*^-^*)

「女として否定されたり」、男女関係で上手くいかないことが多かったり、
体の違和感(生理不順など)のようなものがないのであれば
特に気にする必要もないと思いますよ☆




  • K #- - URL
  • 2015/11/22 (Sun) 20:36

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。