Menu
“当たり前”すぎて気づきにくい≪才能≫

以前、記事に少しだけ

「感情に敏感で左右されやすい人」は、
本来、持ち合わせている才能は、
感情を理解する才能だったり、共感力だったりする。

といったような事を書きましたが
本日は、この共感力について少し掘り下げてみたいと思います。

ここでの共感力は、一般的な共感とは違い
私が感じている”共感力”をお話していきます。

ツインの皆さんは、「実はそれが才能」とは気づかないまま
苦しい思いをされてこられた方が多いと感じますが

本来の才能や資質、
魂が本当にしたかった事がわかりだすと
まるで生まれ変わったように輝きが増しますし

だいたいそのタイミングで再会し
共に生きていこうと約束をしているツインも多いです。


本来、共感力が高い人は、
とても優しく、労わる気持ちが強いのも特徴で
他者の考えや感情を感じ取って、理解することができます。

なので、その人自身も気付けていない感情を感じ取り、
一人では解決出来ないような問題のサポートが出来たり

感情や気持ちが理解できるので、
気持ちの通い合う関係を築いていけますし
コミュニケーションも本当は得意なのです。

しかし、
その本来の才能や資質が自覚できていないとどうなるか?

人付き合いが苦手になったり
人が多く集まるところが苦手になったり

ネガティブな感情を必要以上に受け取ってしまい
疲れやすくなる方もいますし、鬱症状になる方もいます。

感受性が強い人ほど(自覚がないときは)
劣等感を感じたり、
変わった人とか、悲観的な人だと誤解されることもあるので

自分の居場所がないと感じていたり、
生きづらさを感じながら生きてこられた方も多いです。

本来、素晴らしい才能があるにもかかわらず
これはとても辛いことですね。

本来の才能は、
本人にとって本当にふさわしい活かし方ができれば
もっともっとステキな世界を創りだすことができますので

まずは
自己認識をしていくことが大事です。

先ほど書いたのと合わせて
以下、当てはまるか確認してみてください。

・魅力的な人をみると、その人になりたいと感じる。
・大切な人には理解者だと思われていたい
・相手に合わせてしまい、自分を出せなくなってしまう
・本心ではない行動や表現を見たり聞いたりすると、
イライラしたり、違和感を感じたりする

・相手に強い態度に出られると萎縮してしまったり、パニックになる
・その場の雰囲気に何となく流されてしまう
・具合の悪い人が傍にいると、気分が悪くなったり痛みを感じたりする

あくまでも、ザックリではありますが
一つでも当てはまる方は共感力があると思われます。

共感力は、
日常生活だけでなく様々なシーンで役立つ素晴らしい才能ですが
自覚ができていないと、
周囲の感情を拾い過ぎてしまいネガティブになり、心身ともに辛くなりがちです。

共感力は、さらにいくつかのタイプに分類されますし
自分らしさを取り戻すにはいくつかの手順を要しますが、

最初にポイントとなるのは、「自分と他者の境界線を認識すること」です。

それには、
日々、自分の感情や、”本当の気持ち”を知ることも大切です。
それは「精神の自立」や自信にも繋がります。

本当の自分を自覚するほどに、辛い状態を改善できますし、
感受性の豊かさを、自分と大切な人が幸せを感じる方向に活用することができます

私も幼い頃から、自分の強い感受性にとても苦しんできたのですが
今では人の役に立てるようになれた事が心からの喜びに変わりました。

なので、自分はおかしいと誤解したり、責めるのはやめてくださいね。

あなたは、大切な人たちの良き理解者になれるはずですし
自分にしかできない素晴らしい事ができる人です。
それこそが、魂の喜びであり、本来の自分であるはずだから。

少し長くなってしまいましたので、この続きは
また別の機会にでも書いていきたいと思いますが
ご自身でも調べてみたり、気になったことはどんどん体験してみてくださいね。


ということで本日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

全ての人が幸せでありますように
愛と感謝をこめて
K

悩んでる方に届けたいので↓クリック↓ご協力お願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村

ご協力に感謝します(*^-^*)

‐‐‐‐‐
【お知らせ】
長らくお休みしておりました個人セッションを再開しました。
ご希望の方は下記サイトよりお申込みお願いいたします。
http://andgarden.jimdo.com/
どうぞよろしくお願いします<(_ _)>






Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する